京都でも処女喪失サポート体験談&感想

京都で、痛くない処女喪失サポートを受けた方の体験談と感想をまとめました。

ここで紹介しているのはそのほんの一部ですが、ぜび参考にしてください。

「93%痛くない理由については、処女卒業サポートまとめを読んで下さい。体験談はその後のほうがわかりやすいです。

日本全国で一部の地域を除き、「まん延防止等重点措置」が7/11に解除されます。それ以降はサポート希望が殺到する可能性が高いので希望される方はそれまでに予約を入れてください。実際に現在でもお問い合わせの数が多くなっています。

怖いけど周りに負けたくない(京都府長岡京市)

京都府長岡京市での処女喪失サポート感想&体験談

サクラさん(仮名)
派遣
22歳

周りには彼氏がいて幸せな感じ。女子会でも彼氏の話や性行為の話ばかり。話について行くのが難しくてて処女卒業サポートに手を染めてみました。

けんじさんはずっと年上でしたが、優しい手ほどきで無事にバージンを卒業出来ました。

本当は好きな人とが良かったけど、22にもなって経験がないなんて恥ずかしいからこの経験は良かったと思う。

けんじ
けんじ
サポートを受ける人の大半が同じ気持ちです。
皆さん、不安を抱えながらお問い合わせをいただき、
サポートを受けて良かったと言います。

自分を変えたくて。(京都府宇治市)

京都府宇治市での処女喪失サポート感想&体験談

さくらさん(仮名)
自営業
26歳

私は26歳で、自営業をしている両親の会社で仕事をしています。

高卒で出逢いの少ない自営業の世界に入ってしまったせいか、未だに処女のまま過ごしています。

26歳になると増えてくるのが、友だちの結婚、

ただでさえ、友だちの彼氏の愚痴やセックスの話を聞く事も増えたから、処女なんて絶対に言えない。

ある日、会社のお得意さんに、色気がないとはっきりと言われてしまった事がありました。

そうか、彼氏が出来ないのは出逢いの少なさじゃなく、自分の色気が足りないせいなのかもしれない!!

そう思った私は、どんな手段を使ってでも処女を卒業しようと決めました。

そこで、最近よく聞く処女卒業サポートにお願いすることを決めたのでした。

とにかく時間をかけておっぱいや首などを丁寧に愛撫してくれました。

いざ挿入の時も、痛く無いか確かめながら少しずつ進めてくれました。

1回目はちょっと痛かったですが、2回目以降は何回もイカされて女としての悦びを知ってしまいました。

けんじさんと出逢って自分を変えられた気がします。

けんじ
けんじ
痛みを取り除くことを最優先事項としていますが
体質的にちょっと痛いということはあります。
痛み対策としては下記のページをご覧ください。
あわせて読みたい 初体験の痛いを減らす10の方法(姉妹サイトにジャンプします)

誰のものでもなかったから・・・ (京都府亀岡市)

京都府亀岡市での処女喪失サポート感想&体験談

みーこさん(仮名)

25歳

わたしは25歳まで彼氏いない歴=年齢でした。

このままだと彼氏が出来た時に、25で処女?と引かれそうだったので処女卒業サポートにお願いしました。

自分が処女のくせに生意気ですが、相手の人が童貞ではなく慣れまくっている人がいいなと思ってました。

とにかく指を入れられるのが痛くて2本以上はどうしようと思いましたが、濃いキスをしながらで突然今まで感じたことの無い快感が走りました。

わたしはこんな気持ちがいいことを知らないまま生きてきたのかとある意味絶望笑

これで処女を卒業できたので、それからはどんどん積極的にアピールできるようになりました。

けんじ
けんじ
25歳は女性としての節目です。
正直、25歳をこえたらなるべく早くサポートで処女を卒業されることをオススメします。

はじめての挿入で絶頂!(京都府舞鶴市)

京都府舞鶴市での処女喪失サポート感想&体験談

ちかさん(仮名)
会社員
29歳

 
20超えてそろそろ処女でいることが恥ずかしくなって処女卒業サポートにお願いしました。

オナニーでも挿入したことないって伝えるとあそこをすごくいっぱい愛撫してくれて入れる前に何回もイッてしまいました。舌使いがめちゃくちゃうまい。

ゆっくり挿入したあとは激しいピストン運動。物凄く気持ちよくてちょっと痙攣おこしてしまうぐらいでした。セックスってこんなに気持ちいいんですね。

けんじ
けんじ
もちろん普通じゃないテクニックを使いますが、
ちかさんはとても感度が良かったせいか、何度も繰り返しイってましたね。

参考リンク:京都府情報

あわせて読みたい

93%痛くない処女卒業サポートまとめ(姉妹サイトにジャンプします)

追伸

あなたもサポートに興味を持ちましたか?

ご依頼でも、質問でも、相談でもお気軽にお問い合わせください。

たしかに処女の卒業は大変なことです。でもたった3時間で終わります。

それよりもこの先何年、あるいは何十年も処女で有り続けることの方がずっと苦しいのではないでしょうか?

過去にサポートを受けた女性を思い出して、「もし自分が処女だったらどうする?」と、頭の中で考えてみました。その結果「もし私だったら、今すぐにでもサポートを受けたい」と思いました。

なぜなら、サポートを受けた方は「処女を卒業できてよかった」「遠くから足を運ぶ価値があった」「もっと早く処女を卒業すればよかった」と皆さんが口を揃えて言われます。例外はありません。

もちろん、こういうことはメリットやデメリットで考えるものではありません。「処女のままがいい」ということでしたら、サポートを受けなくても大丈夫です。

でも、もし処女を卒業したいと思うなら、あなたも他の方と同じようにスッキリと卒業し、恋愛や結婚をして幸せになりませんか?

あなたが処女を卒業したいと願っているなら、絶対に後悔はさせません。

というわけで、以上です。

下記からご連絡いただければ今すぐサポートを受けることができます。