日本全国で一部の地域を除き、「まん延防止等重点措置」が7/11に解除されます。それ以降はサポート希望が殺到する可能性が高いので希望される方はそれまでに予約を入れてください。実際に現在でもお問い合わせの数が多くなっています。

処女って早めに卒業したほうがいいの?

最初に結論から言うと、「はじめては好きな人がいい」というのであれば、その気持ちを大切にするべきで急ぐ必要はありません
しかし、メリットデメリットで考えるなら絶対に早く卒業するべきということになります。

したがって、気持ちが大事であるということを尊重しながらも、このページではメリット・デメリットの観点から、どうして処女を早く卒業したほうがよいかということを説明してみたいと思います。

早く処女を卒業するメリット

処女が持つ悩みが全部解決できる。

処女の悩みとは例えば次のとおりです。

  • 処女喪失で痛い思いをするのはイヤだと思い続ける。
  • 友達が初体験を済ませてあせり続ける。
  • 友達との会話に困り続ける。
  • 今さら処女だなんて言えない。
  • 早くバージンを捨てたい。

こうした悩みはこじらせてしまうと何年間も、あるいは何十年感も悩み続けることになります。

処女を卒業したビフォーアフターを比べてみればその差は一目瞭然です。

  • 痛いのはイヤだ → えっちって最高に気持ちいい。彼に抱かれて幸せ。
  • 友達が初体験を済ませてあせる → 初体験を済ませていない友達があせる
  • 友達との会話に困る → えっちな話に花が咲く
  • 今さら処女だなんて言えない → それなんだっけ?
  • 早くバージンを捨てたい → それなんだっけ?

こうして考えると、いつかは卒業するのだったら、早めに卒業してスッキリしたほうがよいはずです。

気持ちが軽くなった

大人の女性として自信がつく

人間は大きな壁を乗り越えることによって成長します。

中学時代はあんなに背伸びしてを大人だと思っていたのに、今では子供に見えるでしょう?

処女を卒業した後には処女だった頃が中学生のように思えるはずです。

外から見ても「あの子最近大人っぽくなったね」とわかるくらい成長するものです。

それは処女をそつぎょして、その瞬間から感じるものです。

処女を卒業した後の女性としての自信

彼氏ができやすくなる。

本当に大好きな人が現れた時、処女の女性と処女を卒業した女性だったら、どちらが彼氏を作れるでしょうか?

男性と手も握ったことが無いのでは緊張ばかりしていて、余裕がありませんよね。

会話だってままならず、どうしていいかわからなくなります。

上手に誘われたり、誘いに乗ったりするのは余裕がないとできません。

相思相愛のはずだったのに、気づかないふりとかして結ばれないというのは処女の特徴です。

「はじめては愛する人と」というのにこだわっていると、それが永遠にやってこないという確率は非常に高いです。

恋愛ビフォーアフター

男性を見る目が冷静になる。

処女のまま恋活&婚活する人もいるらしいですが、それはかなり厳しいです。

そもそも比較する男性がいないのに、生涯をともにする男性を選ぶなんてリスクが大きすぎませんか?

性格が異常だったり、浮気したり、暴力を振るう男だって最初はみんな優しいものです。

もし、大事な処女を捧げた相手がそんな男性だったら分かれることができず、心身ともにボロボロになりながら結婚する人は多いです。

私の知り合いも、とんでもない男性が初体験の相手だったばかりに、別れられず結婚してしまい、毎日のように喧嘩していました。

いつ会っても「夫と別れたい」を繰り返し、周りも同情していました。

25歳を過ぎると処女を捨てられる可能性がほとんどない

処女率
出典:第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)


国の調査(国立社会保障・人口問題研究所)によると、日本の処女率は次のように推移します。

  • 18〜19歳女性 74.5%(4人に3人が処女)
  • 20〜24歳女性 46.5%(2人に1人が処女)
  • 25〜30歳女性 32.6%(3人に1人が処女 [上図赤枠])
  • 30〜34歳女性 31.3%(3人に1人が処女 [上図赤枠])

つまり、25歳まで処女であった場合、そのあと処女を喪失する確率は1%しかないということになります。

そして、恋愛をしたらSEXをすると考えると、処女ということは恋愛したことがないということです。つまり、25歳で処女だとそのあと恋愛や結婚できる確率は1%すらないということを同時に意味しています。

年齢を重ねてしまうと、色んなものを諦めなくてはなりません。

特に25歳を過ぎてしまったなら、一生処女のまま過ごすか、処女卒業サポートを受けるかという二択しかないというのが現実なのかもしれません。

いろんなものをあきらめるまえにぜひ痛くない処女卒業サポートを受けて下さい。

若ければ若いほうが痛みが少ない。

歳を重ねれば重ねるほど、処女の痛みは激しくなると聞いています。

私がサポートした場合、年齢に関係なく痛みは少ないのですが、若かったらもっと痛くなかったかもしれません。

もう若くないと思われていたとしても早いほうがいいです。なぜなら、明日以降はもっと年齢を重ねるからです。

歳を取ると気持ちの面で踏ん切りがつかなくなる。

処女卒業サポートにご連絡いただく方の中でも、年齢を重ねた人ほど最後の踏ん切りに躊躇されます。

私の知り合いのアラフォーの方は、彼氏ができても、処女処女喪失の怖さが先立ってしまい、いつまでも踏ん切りがつかず、男性から見捨てられてしまうということを繰り返していました。

そして、現在は誰からも声がかからなくなり、彼女自信も恋愛と結婚を諦めるようになってしまっています。

今、あなたが卒業サポートに連絡することを躊躇しているかもしれませんが、どんなに考えたって結論の出るものではありません。

こういうものは考えて決断するものではなく、思いっきりが必要なのじゃないでしょうか?

あなたにとって、それができるのは残りの人生で最も若い今です。

新しくできた彼氏に面倒と思われない。

処女を面倒だと思っている男性は意外と多いです。

ゼクシーの調査によると、30%の男性は「処女とのエッチが嫌だ」と答えています。

実際に処女だということがわかった瞬間、振られてしまった女性も多いです。

その他に多いのが、過去に元彼とエッチをしようと思って、試してみたところうまくいかず、新しい彼氏ができそうになったタイミングでサポートを申し込む方も多いです。

処女であるということはお付き合いを始める上では不利になることも多いです。しかし、卒業してしまえば、その後にできる彼氏とはその心配がありません。

彼氏との行為で役に立つ

処女を卒業するデメリット

処女が条件の男性と結婚できなくなる

これをデメリットに含めるかどうか迷いました。

しかし、思い出す限りこれしかデメリットがありません。

処女でないと絶対に結婚しないと言う男性がいるのは確かです。

しかし、女性を処女か非処女かで判断するような男性と結婚してよいのでしょうか?

考え方が狭すぎるので他のものも許せないはずです。

基本的に彼らは童貞だから、相手も処女じゃないと我慢がならないのでしょう。

はっきりいますが、そんな条件にこだわる男性(ハズレ)と結婚してはいけません。

性格が良くて、顔が良くて、収入もあって、女性からモテモテなのに、あなたひとりだけを愛してくれる。

もちろん、処女か非処女かなんてこだらない。そんな男性とお付き合いするべきです。

事例 さなさん 26歳(仮名)

さなさんは新しい彼氏とおつきあいが始まったばかりでした。

2年間付き合っていた元カレとは何度もエッチを試みましたが痛すぎて指さえ入らなかったそうです。

同じ失敗を繰り返したくないために、新しい彼氏にホテルに誘われる前に、処女卒業サポートを受けることにしました。

確かに処女膜は固く、若干の痛みはあったものの、サポートはあっさり成功しました。

処女を卒業できた時、彼女は大粒の涙を流したのです。

大好きだった元カレとエッチができなかったことを思い出したのです。

彼女が悪いわけで花ありませんが、申し訳なく思い、罪悪感を感じていたそうです。

「もっと早くサポートを受けていればよかった」と後悔していました。

2年間もお付き合いをしていたのです。きっといろいろあったのでしょう。その思いが伝わり、私も思わず泣いてしまいました。

失われた時間や機会は2度と戻ってきませんが、きっと今頃は新しい彼氏とたくさん愛のあるエッチをして幸せになっていることとでしょう。

きっかけをありがとう

まとめ

私は処女卒業サポートをしているせいか、やっぱり処女の卒業は早いほうが良いと思ってます。おそらくそれは間違ってないはずです。

なぜなら、好きな人と初体験できることがとんなに素晴らしいことでも、一生忘れられないくらい痛い思いをするなら、美しいも何も全てが台無しになるからです。

もしあなたがそう考えるのなら、彼氏との初体験というのは選択肢にすらならないはずです。

絶対に全く痛くない処女卒業ができるのであれば、その後でいくらでも愛のあるSEXをすることができるはずです。

だとしたら、できるだけ早い処女卒業が良いという結論にあなたもなるかもしれませんね。

追記

たしかに処女の卒業は大変なことです。でもたった3時間で終わります。

それよりもこの先何年、あるいは何十年も処女で有り続けることの方がずっと苦しいのではないでしょうか?

過去にサポートを受けた女性を思い出して、「もし自分が処女だったらどうする?」と、頭の中で考えてみました。その結果「もし私だったら、今すぐにでもサポートを受けたい」と思いました。

なぜなら、サポートを受けた方は「処女を卒業できてよかった」「遠くから足を運ぶ価値があった」「もっと早く処女を卒業すればよかった」と皆さんが口を揃えて言われます。例外はありません。

もちろん、こういうことはメリットやデメリットで考えるものではありません。「処女のままがいい」ということでしたら、サポートを受けなくても大丈夫です。

でも、もし処女を卒業したいと思うなら、あなたも他の方と同じようにスッキリと卒業し、恋愛や結婚をして幸せになりませんか?

あなたが処女を卒業したいと願っているなら、絶対に後悔はさせません。

というわけで、以上です。

下記からご連絡いただければ今すぐサポートを受けることができます。

早く処女を捨てたいと思ったら

【無料】更に詳しく案内はコチラ

処女卒業サポートを受けて新幹線