日本全国で一部の地域を除き、「まん延防止等重点措置」が7/11に解除されます。それ以降はサポート希望が殺到する可能性が高いので希望される方はそれまでに予約を入れてください。実際に現在でもお問い合わせの数が多くなっています。

93.4%痛くない、社会人のための処女卒業サポート

18~22歳女性の男性からの人気度

あなたはこんなこと悩んでいませんか?

  • まわりに男性がいなくて出会いがない。
  • 友達がどんどん処女を卒業して、自分だけ置いてきぼりにされてしまった。
  • 彼氏ができても、恥ずかしくて処女と言えない。

社会人と学生の決定的な違いは出会いと時間がないことです。

せっかく彼氏ができても、処女と打ち明けるのは恥ずかしいし、思い切って言ったとしてもそれが原因でフラれてしまうかもしれない。

処女を卒業サポートを受けたほとんどの方がそのように心配していました。

私は毎年100人以上のお手伝いをしている、「痛くない処女卒業専門のサポート」です。

しかも、それがウソではないことを日付つきの領収書の画像などで証明することができます。

私はこの処女卒業サポートをはじめてから3年の月日が経ちました。

最初のうちは何度も失敗を繰り返し、たくさんの女性に痛い思いをさせてしまいました。

ローションなど使って普通よりは痛くなかったはずですが、枕を抱えて泣き出す方もいたのです。

しかし、たくさんの研究と経験を積み重ねて、ここ最近の数十人に限っては誰からも痛いと言われることはなくなりました。一人として例外はいません。

どうして、「100%痛くなったのか?」その秘密が知りたければお気軽にお問い合わせ下さい。

もし、あなたが痛くない処女卒業をしたいのなら確実にお力になれます。

処女卒業サポートを受けて新幹線

20代前後の女性は男性から最も人気がある年代です。でも・・・

18~22歳と言えば、男性から圧倒的人気なのがこの世代です。

男性は20代でも、30代でも、40代でも、50代でも、6代でも20代前半の女性が大好きです。

それは進化心理学の観点からも説明できます。つまり、女性が元気な子供を産むのにもっとも適した年代であり、男性が本能的にこの年代選んでしまうのは当然です。

多くの中年男性は若い女性と付き合えないという現実があるため、普段そんなこと公言しませんが、男性だけの集まりでは「そりゃ若いほうがいいでしょ」と言うのが常識です。

同じ年代に拘らなければ、怖いほどモテまくる世代です。

youtubeで100万回再生のこの動画を見てみてください。
【漫画】どうして男は若い女が好きなのか?【マンガ動画】

統計データ

18~22歳処女の統計データ

処女率
第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)

国の調査(国立社会保障・人口問題研究所)によると、18歳から19歳の処女率が74.5%、20から24歳の処女率が46.5%、25歳以上の処女率が32.6%なので、この年代で2/3くらいの女性が初体験をすませます。

初体験の平均年齢が17.4歳というデータもありますので、そういう意味ではすでにバスに乗り遅れてしまっていると言えなくはありません。

24歳までの処女率を考えると辻褄が合わないような気がしますが、平均17.4歳というのは初体験をすませた人だけが対象になっていて、この中に処女は含まれていません。

だから、まわりの友達がぼちぼち初体験を済ませているというのは自然な成り行きです。

参考までに上図の赤枠をご覧いただくと、25歳をすぎてからの処女率は32.6%、34歳までの処女率31.3%とほとんど変わりません。つまり、25歳を過ぎてしまうと、初体験をする機会がほぼ無くなります。

そして、恋愛したらSEXもセットでついてくるというこを考えれば、25歳で処女だと一生恋愛も結婚もできないということを統計は示しています。女性が売れていく時期はとても短いのです。

18~24歳のあなたはまだ大丈夫と思れたかもしれません。しかし、それは大事な事実をひとつ見落としています。

20代社会人処女の落とし穴

なぜ、20代前半の女性が恋愛できるかと言うと、それはその世代に学生が多いということが理由です。

社会人であるあなたは次のことに心当たりはありませんか?

  • 月~金曜日を夜まで働き、土日は疲れ果てて休むことしかできず恋愛する時間も体力もなくなる。
  • 学生の頃と比べると同年代男性との出会いが圧倒的に少なくなる。
  • 同年代の男性がまわりにいたとしても会社内だと声をかけづらい。
  • お互いに結婚を意識するから、気軽な恋愛ができなくなる。

youtubeで100万回再生のこの動画が参考になります。

【漫画】平日何もできない社会人の話【マンガ動画】

これでは学生のように気軽な恋愛ができないのも無理はありません。

違う統計では社会人になると出会いの相手ランキングで圧倒的一位となるのは職場の同僚です。

逆に言えば、職場に男性がいなかったら致命的です。

つまり、①学生でない、②職場に男性がいないという2つの条件が重なると、女性としてはもっとも需要があるのに、恋愛ができないというとてももったいない事態におちいってしまいます。

この時期に初体験を経験するのは圧倒的に学生です。社会人であるあなたはそれと同じように考えるのは危険です。

実はこの世代が一番処女卒業サポートを受けます。

数字は残酷に真実を照らします。しかし、この問題には解決策があります。

処女を卒業しさえすれば・・・

処女の捨て方

この統計は処女のデータしか語っていません。SEXを経験した後についてはなにも述べてないのです。

つまり、なんらかの方法で最初の1回めさえ乗り越えればこの数字は当てはまらなくなるということです。

例えば、こんなデータがあります。

愛知県のSEX経験平均人数は10.1人で日本全国で3番めに多いそうです(出典:ニッポンのセックス)。この数字は全国的に見ても平均値は8.2人です。

つまり、最初の一人を乗り越えれたら、平均で8人以上とSEXする機会があるということです。

こう言うと、一部の尻の軽い女が何十人も相手して平均値を上げていると思われるかもしれません。

実は、処女を卒業しさえすれば、あなたも複数の彼氏を作ったり、結婚することができるようになります。なぜなら・・・

はじめてさえ乗り越えれば道は開ける

処女喪失サポート

思い出してください。はじめて自転車に乗ったときのことを。最初は怖かったはずです。しかし、慣れてしまえばどうってことなくなったんじゃないでしょうか?今も自転車に乗るたびに怖がったりしてませんよね。

はじめての学校、はじめてのクラス、はじめてのアルバイト、はじめての職場、はじめてのおつかい、はじめての自動車運転、はじめてのコンタクトレンズ。

どれもこれも最初は怖かったり、緊張していたのに慣れてしまえば、「どうってことない」ことばかりです。

実はSEXも同じです。

男性経験のないあなたは多かれ少なかれ、「男性が苦手」「初体験で痛いのが怖い」「自分に自信が無い」など、未知の経験に怯えを持っているはずです。

しかし、そうした感情も処女を卒業すれば解決するのです。要は慣れです。自分に自信が無いことさえも、経験のないことからくる思い込みであることがほとんどです。

あなたの友達に聞いてみて下さい。彼女だって処女喪失の時は怖かったに違いありません。きっとあなたと同じように悩んでいたでしょう。しかし、今では「どうってことない」と思っているはずです。

サポート卒業生の皆さんも怖いと思っていました。しかし、勇気を出してご相談いただき、無事処女を卒業した後はほとんどの方が彼氏を作って恋愛を楽しむ普通の女性となっています。

なにせ、これが大変なことだったら、人類が滅亡します。あなたの友達もお母さんもみんなが経験してきたことなのです。そう考えたら「どうってことない」が当たり前だと思いませんか?。

平均成功率82%の恋愛&婚活カウンセリング

まとめ

更に、当サポートだけが唯一できることがあります。

まず、最初のステップを踏み、「どうってことない」を手に入れたあと、ご希望であれば心理カウンセラーがあなたの恋活や婚活をサポートします。

実は男性というのは意外と単純にできています。ためしに何かしてもらった時に、「〇〇さんすごい、私こんなのはじめて」と男性に言ってみてください。

上司でもお父さんでもいいです。「こんなおいしいコーヒーはじめて」などといえば、あきらかに嬉しそうな顔をすることが確認できるはずです。

これは男性が1番になりたいという強い本能からくるものです。

若い男性と恋愛したいなんてそんなに難しいことではありません。そして、これは性格が良くても、かっこよくても、高収入でもやることは同じです。

これまでもこの恋活&婚活カウンセリングを受けたほとんどの卒業生が彼氏を作って幸せになっています。

処女を卒業するだけではなく、その後の恋活や婚活までサポートをする。残念ながらこれは他ではできません。他とは比較できません。

あわせて読みたい

恋活&婚活の成功率82%を約束するのたった3つのステップ(姉妹サイトにジャンプします)

まとめ

まとめ

仕事に没頭することはとても素晴らしいことです。しかし、女性がもっとも人気であるこの時期だからこそ、今しかできないこともあります。

女性が有利な条件で恋愛ができる時間はあまりにも短いです。

でも、初体験で痛い思いをするのは嫌だと思ったなら、今すぐこちらからご相談ください。

必ずお力になります。

社会人のための処女卒業サポート