処女喪失時に用意したほうが良いもの

ロキソニン

女性の場合は生理などで使う鎮痛剤として使われることが多いです。代用となるものがあればロキソニンでなくても大丈夫です。

生理の時の痛みが収まるくらいなので、処女喪失時もある程度の痛みを抑えることができるはずです。

生理用ナプキン

私がサポートする場合は出血する事はほとんどないのですが、出血した場合ナプキンを使うことで、出血を抑えます。念のため用意していただいています。

チョコレート

気分が高揚し媚薬効果もあるので、サポート前に食べてもらっています。銘柄は好きなものでいいです。

ローション

潤滑油として使っていますが、用途によって使い分けています。サポートを受ける場合はこちらが用意します。

ペペロション

コスパも良く、なかなか乾きにくいのが特徴です。品質も良く濃すぎる場合は水で2倍ほど薄めても使用に耐えられます。

ルームゼリー

産婦人科などの医療分野でも推奨されています。ペペローションと比べるとサラサラした感じがします。ペペローションだとシーツを汚しがちな場合はこちらを使うのも良いでしょう。

コンドーム

通常はホテルで用意してあるのでわざわざ買う必要はありません。
しかし、体質が合わない場合はアレルギーが起こるので激しい痛みを伴います。
いろんな種類がものがありますが、コンドームが原因だった場合はオカモトをおすすめします。

バイアグラ(カマグラ)

男性側からして、処女を卒業させるのってとても大変です。

男性が若くてもギンギンにさせてしまったほうがいいです。というのも柔らかいと突き抜けることができませんし、女性が痛がると萎えてしまうので、私も利用することが多いです。

通常は病院で処方していただくものですが、個人で輸入することもできます。

こちらは私が利用しているバイアグラのジェネリックです。ED治療薬は輸入するとほとんど偽物であることが多いですが、ここは大大丈夫でした。
とは言えなにかあっても自己責任でお願いします。