アラフォー処女が結婚できない理由【今後の人生を一人で過ごさないために】

アラフォーになってしまい、結婚を逃してしまったことに焦りを感じていませんか?

まわりに男性がいなかったり、仕事が忙しかったり、家が厳しかったりと、やむを得ない理由もあってアラフォーで処女の方は意外と多いです。

しかし、どんなに婚活で努力をしても、結果がまったく出ず、そのまま結婚をあきらめてしまう方も多いですが、40代前後で結婚を諦めるのはまだ早いです。

女性の平均寿命はほぼ90歳。まだ、これから50年もあります。その間、ずっと一人ですごすのは寂しいですよね。一緒にすごすパートナーがいた方がきっと楽しいですよ。

かくいう私も42歳。ちっとも気にしていません。実際に、処女卒業サポートを受けて、結婚された方もいます。

これまで婚活のお手伝いをしてきた経験上、アラフォー処女が結婚できない理由とどうやったら結婚できるかということについて解説したいと思います。

アラフォー処女が結婚できない理由

過去を引きずっている

「ここまで独身でいたんだから妥協はしたくない」という話をよく聞きます。つまり、20代の頃の結婚条件をそのまま持ち越している方がいます。

例えば若い頃にお付きあいしていた男性が一流企業の社員だったとします。

それよりも低い条件では、「あの時結婚しておけばよかった」と言うことになるので、その彼氏以下の条件では付き合えないと言うことです。

それ自体を否定するわけではありませんが、常識で考えてみても相手に求めているものが多くなればなるほど結婚できなくなる可能性は高まります。

過ぎてしまった過去にとらわれないほうが良いでしょう。

消極的

恋愛において消極的な性格と言うのはプラスになりません。

積極的でありさえすれば、顔もスタイルも性格も良くないのに、さらに歳を重ねていたとしても結婚できてしまうものです。

これまで男性経験のなかったあなたは消極的である可能性が高いです。

自分で「無謀かな?」と思えるくらいの勇気を持つくらいでちょうどよいはずです。

結婚を諦めてしまう

もう年齢も年齢だからと言って諦めてしまう人がいます。

もちろん若い頃のようにはうまくいかないこともあるでしょう。しかし、諦めてしまえば可能性はほぼゼロに等しいです。

まだ、人生の折り返し地点です。本当の衰えが来る前に一緒に過ごせるパートナーを探してはいかがでしょうか?

すぐに結果をもとめる

過去を忘れ、積極的になって、結婚をあきらめなかったらうまくいくかというとそうではないというのが現実です。

それでもなお10年単位で頑張ればこれからでも遅くないのではないでしょうか。

これから婚活して10年後に結婚して50歳になったとしても、残りの人生はまだ40年もあります。

そう考えたら焦る必要はありません。

まとめ

確かに、アラフォー処女の婚活がは努力したり、妥協したりと若い頃に比べると大変かもしれません。

それでも実際には結婚されている方もたくさんいます。

まだまだ諦めるには早いですよ。あなたを探している人がかならずいるはずです。

ところで、これまで男性とおつきあいしたことがないアラフォーの方でも結婚できる方法があります。

これまでどんなに婚活頑張っても結果が出なかった人でも大丈夫です。