婚活や恋活を頑張っても、どうしてもうまくいかない。

初体験を済ませていても相手を見つけることができない方もいますが、処女のままでは恋愛も積極的になれません。

私は93.4%(ここ一年に限っては100%)痛くない処女卒業サポートとして、年間100人を超える処女卒業のお手伝いをしています。

私のサポートを受けた方は高確率で成功する恋愛カウンセリングを受けることができるということもありますが、サポートを受けた方のほとんどが彼氏を作ったり、結婚したりしているというのは事実です。

しかし、現実としては、成功するとわかっていても一歩踏み出す勇気がないなど、誰もがサポートを依頼するというわけではありません。

そうした、サポートを受けない方の中から、一生男性経験のないまま終わってしまう決定的な理由を解説します。

結論として、その特徴は2つです。

「25歳を過ぎて処女」「社会人」です。

25歳以降の処女率

処女率の統計データ 処女率
出典:第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)


国の調査(国立社会保障・人口問題研究所)によると、日本の処女率は次のように推移します。

  • 18〜19歳女性 74.5%(4人に3人が処女)
  • 20〜24歳女性 46.5%(2人に1人が処女)
  • 25〜30歳女性 32.6%(3人に1人が処女 [上図赤枠])
  • 30〜34歳女性 31.3%(3人に1人が処女 [上図赤枠])

つまり、25歳まで処女であった場合、そのあと処女を喪失する確率は1%しかないということになります。

そして、恋愛をしたらSEXをすると考えると、処女ということは恋愛したことがないということです。つまり、25歳で処女だとそのあと恋愛や結婚できる確率は1%すらないということを同時に意味しています。

「25歳を過ぎたら、サポートを受けるか、一生ひとりぼっちのまま過ごすか」と言う二択なのかもしれません。

社会人だと処女を卒業できない

上の統計では、24歳以下の処女率は46.5%という統計データが出ています。

しかし、若ければ処女喪失できるかというとそうではありません。なぜなら、処女喪失の機会があるのは圧倒的に学生です。

なぜなら、社会人は時間も体力も出会いの機会が学生ほど恵まれていないからです。

社会人は月~金で働いて、会社が終わった後や週末はただただ休みたいと思うばかりで、デートする時間や体力もありません。会社で同年代の男性がいないかぎり、八方塞がりになってしまいます。

一方、学生は有り余る時間がある上に、学校、サークル、コンパと出会いの機会に事足りません。相手の男性も同じように時間、体力が有り余る男子学生なのでコチラも積極的に出会いを求めています。

実際、社会人の女性が処女喪失できる割合は1/3もないというデータを見たことがあります。

結論として、例え18歳であったとしても、社会人になってしまうと片足を突っ込んでしまい、そのまま25歳になってしまうとほとんど男性経験もなく一生を終える可能性が高いです。

処女卒業と恋愛の相関関係

若いうちは処女のままでも、彼を見つけたることができます。なぜならまわりのみんなも処女だからです。

しかし、歳を重ねてしまうと、処女率がすっかり減ってしまうので、どうしても気後れしてしまいます。

  • 「痛いのが怖い」
  • 「こんな歳で処女とは言えない」
  • 「処女だから恋愛に臆病になる」

結論として、あなたに彼氏ができなかったり、婚活がうまく行かないのは男性経験が無いからです。

実際、サポートを受けて処女を卒業した人は40歳でも恋愛や結婚をしています。

多くの方が彼氏ができなの理由を、自分の顔とか、スタイルとかのせいにして自己肯定感をさげてしまいますが、処女を卒業しているかどうかということが影響しているのは統計の上からも疑いようのない事実です。

もし、あなたに男性経験がないなら、恋愛も結婚ができないと自分を責める必要はありません。ぜひ、処女卒業サポートを受けて下さい。人生が変わることをお約束します。

追記

私は毎年100人以上のお手伝いをしている、「痛くない処女卒業専門のサポート」です。

しかも、それがウソではないことを日付つきの領収書の画像などで証明することができます。

私はこの処女卒業サポートをはじめてから3年の月日が経ちました。

最初のうちは何度も失敗を繰り返し、たくさんの女性に痛い思いをさせてしまいました。

ローションなど使って普通よりは痛くなかったはずですが、枕を抱えて泣き出す方もいたのです。

しかし、たくさんの研究と経験を積み重ねて、ここ最近の数十人に限っては誰からも痛いと言われることはなくなりました。一人として例外はいません。

どうして、「100%痛くなったのか?」その秘密が知りたければお気軽にお問い合わせ下さい。

もし、あなたが痛くない処女卒業をしたいのなら確実にお力になれます。

以上です。